Top > WiRES > WiRES_Windows7対応

WiRES/WiRES_Windows7対応

概要

WiRES-II Server本体ソフトがWindows7対応になったが、Windows7 というもの自体持っていなかったので、経験することなく今に至る。つい先日、友人からの依頼で Windows7で WiRESが動かないか?といった案件を頂き、自分でも実際にトライしてみることにした。最初はトラブル続きでなかなか先に進むことが出来なかったが、以下の方策を実施することにより回避することが出来た。殆どのPCではこのような事までしなくても Windows7上で動作するとおもわれるが、資料として残しておこうと思う。

セットアップに使用したもの

トラブル

  • WiRES-II Serverソフトウェアをインストール。もちろんWindows7対応と唄っている、Ver3.504を使用した。何事も無く完了。
    • セットアップ先はディフォルトのまま
    • PC起動時に実行するようにした。LAN回線を選択。(vsLan.exeがスタートアップに準備される。)
  • PC再起動後、WiRES-IIが起動し、HRI-100のシリアル番号とノード番号を入力し、何事も無くWiRES-IIが起動した。
  • 0510ルームや0945ルームに接続した。音声がPCから出てこない。PTTを握っているノード番号は表示されるのだが、音声のみNG。
  • Windows7のファイヤーウォールで、WiRES-II.exe と vsLan.exeと vsDialUp.exe を許可対象にした。
  • マカフィーは プログラムの追加と削除を使ってアンインストールした。
  • PCを再起動しても、やはり現象は同じで音声が出てこない。
  • 再起動後、WiRES-IIアプリケーションが落ちてしまう現象が頻発。かなり頻度が高く落ちてしまう。通常は、『ワイヤーズスタート。ぴーーっ!』となって、WiRESが起動するはずだが、『ワイヤーズスタート。』という音声が聞こえた後、アプリケーションが黙り込んでしまう。
  • WiRES_Chatが悪さをしているのかとおもって、スタートアップフォルダからWiRES_Chatへのショートカットを抜いて再起動してみたが、やはりアプリケーションが落ちてしまう。
  • WindowsXP SP3互換モード を試してみた。WiRES-II.exe のみを実施。今度はアプリケーションが落ちなくなった。がはやり音声が出てこない。
  • Windows7をリカバリ!
    • UACを無効。マカフィをアンインストール。
    • Windows7が軽快に動けるように、パフォーマンス優先設定にした。
    • WiRES-IIをセットアップ。ファイヤーウォールの設定を行った。今度は音声が出てくるようになった。
    • しかし、PCを再起動すると半分ぐらいの確率でWiRES-IIが落ちてしまう。
    • スタートアップから全てのアプリを抜いてPCを起動させた後に、vsLan.exeを手動で実行すると落ちないみたい。もしかしたら起動順序やタイミングがあるのか?
    • 確かに起動画面をみていると、画面右下のサウンド系統のアイコンが表示される前に、スタートアップに入れた vsLan.exe が立ち上がっているように見える。
    • サウンドドライバが準備されていないのに、WiRES-II から システム側にアクセスしているのではないか?という推測がつく。
  • スタートアップ起動順序を制御できるフリーソフトを探したところ、順太郎クン が良さそうだ。
  • そういえばMyIPを使って接続しているが、自動で接続できないか調べたところ、Easy Dialupを使うと 既にWindowsのダイヤルアップに接続したプロファイルを接続・切断制御が出来る。順太郎クン から Easy Dialup を呼び出せば、PC起動時にマイIPに接続することが出来るようになる。

対処方法

  • 導入ソフトウェア
    • Easy Dialup
      WindowsXPの時にはマイIP接続へのショートカットをスタートアップフォルダに入れればPC起動時に実行されていたが、Windows7で同じような事が出来なかった。そのためこのツールを使ってマイIPへ接続する事にした。
      EasyDial00.png
      |EasyDial01.png|EasyDial02.png|EasyDial03.png
  • 順太郎クン 2.9.0
    スタートアップスケジューラとして動作する。Windows7のスタートアップに登録したアプリケーションは起動遅延や順序を変えることは出来ない。このツールを使えばある一定時間経過した後にアプリケーションを起動したり、CPU使用率をチェックしてある一定以下になるまで待たせることが出来る大変便利なソフトウェアなのだ。
    000.png

総評

めっちゃ快適になりました! やったー♪ 上記設定で稼動させていますが、起動に失敗することはなくなりました。

どぞー♪

  • VSLAN & Wireschatをスタートアップに設定していますとうまく起動しませんでしたが順太郎クンでばっちり起動しました。ありがとうございました。 -- JH3PYJ 吉田 2010-11-11 (木) 00:04:58
  • 上記のeasydialupのリンクはVectorのページですが、ただいまDLのサイトには移動しませんでした。http://www.ava-soft.net/products/ed/help/index.htmのでこちらからDLできました。ではまたよろしくお願いします。 (^^; (^^; (^-^ (^-^ -- JH3PYJ 吉田 2010-11-11 (木) 20:02:27
  • お。本当だ^^ URL更新しておきました。ありがとー♪ -- JM7MUU 本田 2010-11-11 (木) 21:17:18

その他

Windowsファイヤーウォール関連

  • 一番最初にWiRESを実行するとこのような画面が出てくる。□パブリックネットワーク経由云々というチェックをONにしよう。
    WS000000.JPG
  • どうなってるんだか忘れちゃった場合には、以下のようにすれば確認できる。
    [コントロールパネル]->[システムとセキュリティ]->[Windowsファイヤーウォールによるプログラムの許可]
    WS000001.JPG
  • WiRES-IIを探そう。ホームとパブリックの両方にチェックが入っていればOK。訳がわからなくなってしまった場合には、WiRES-IIと書かれている所をクリックし削除ボタンを押すと一旦削除する事が出来る。この状態でWiRES-IIを起動すれば、インストール後に一度だけ表示されたダイアログがもう一度表示される。
    WS000002.JPG
    WIRES-IIを起動すると、この画面が出てくるようになる。
    WS000000.JPG

WiRESを起動した瞬間に落ちてしまったり、とにかく落ちる。

サウンド系統のエラーである事は確実のようです。よくわからないけれども以下のように設定を変更したら安定して動作しているようです。よく落ちるなぁという方、ためしにトライしてみて。

  • [コントロールパネル]->[ハードウェアとサウンド]->[オーディオディバイスの管理]を開きます。スピーカをダブルクリックします。
    WS000003.JPG
  • [拡張]タブをクリックし、□すべてのサウンド効果をオフにする。にチェックを付けます。OKボタンを押して終了です。
    WS000004.JPG

管理者権限で実行する

  • vsLan.exeを実行するショートカットのプロパティで設定します。
    WS000005.JPG

どぞー♪


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 01:33:48 HADT (998d)