Top > VMPlayerを使った仮想PCの作成

パソコン

VMPlayerを使った仮想PCの作成

VMPlayerとは

作成手順

コンフィングファイル(*.vmx)とディスクイメージの 作成

  • このサイトこのサイトに行こう!ここでファイルが作れる。
  • 初心者ユーザー向けの簡単作成や、パワーユーザー向けの作成などを選べる。ここではとりあえず、easyVMXでやってみた。
  • Virtual Machine Name: を Win2k ぐらいにして、
  • OSを Windows2000Pro にして、
  • DiskSize を 2GBにして、
  • CD-ROMドライブが 本当はAUTO Detectで良いはずだが、自分は失敗した。ドライブを認識しなかったので、E:ドライブを選択した。
  • Create Virtual Machine をおす。
  • こんな画面がでるので、zipをクリックして、ダウンロードする。
    Download your virtual machine:
    --> Win2k.zip <-- 
    Size: 2.9KB 
  • ダウンロードしたzipファイルを解凍
  • VMPlayer を起動して、*.vmxファイルを選択すると、動作開始。
    VMware Player のダウンロードはここ
    VM_00.JPG
    まずは、何のOSも入っていないので、こんなメッセージが出た。
  • OSのCD-ROMをいれて、リセットをかけると、CDからブートして、セットアップ開始。
    VM_01.JPG
  • でたでた!
    VM_02.JPG

vmware-toolsが必要

VMware用のドライバをインストールする必要があります。これらを vmware-tools と言います。vmplayer には vmware-tools は付属していないので、まず vmware-server などをダウンロードします(使用制限はありますがダウンロードは誰でもできます)。
そしたら、tools-key.pub というファイルのあるディレクトリを探してください。その中に、各OS用のデバイスドライバが ISOファイル(CDのイメージファイル)として格納されています。これらを、各OSにインストールします。

  • Download VMware Workstationここから、最新のVMware Workstation *** for Linux をダウンロードすると、windows.iso が入っているらしい。ダウンロードするためには、ユーザー登録が必要だった。え?どうして?Windows版では駄目なの?と思って、やってみました。Windows版のものは、exeファイルで供給されていて、ここから iso ファイルだけ取り出せないので、Linux版を使ったほうが楽チンという訳かな。と勝手に理解しました。Hi

.vmxファイルで

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "d:\iso\windows.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

こんな風にマウントして使用することが出来る。

参考サイト


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 01:33:41 HADT (937d)