Top > SuperSmartWiRES > ダウンロード

SuperSmartWiRES/ダウンロード

二つのソフトウェアをインストールします。

SuperSmartWiRES本体と、COMポートを仮想的に作るソフトが必要です。まずは、こちらのサイトをご覧になり、仮想COMポートドライバをインストールしてください。インストールが終わりましたら、SuperSmartWiRESダウンロードしてください。

  • SuperSmartWiRES/VirtualComPortのインストール

超簡単! SuperSmartWiRES のインストール

  • 以下のサイトから、SuperSmartWiRES***.EXEダウンロードし実行します。
    • 次へ次へ。インストールしちゃってください。設定変更は要りません。

変更来歴

Ver1.11(2011/11/11)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v111.EXE" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
    • Windows7 安定化対応
    • Windows8でも動きます。バッチ具。
    • ログファイル出力無し。
    • 強制的にVSPE OFFにするようにした。(bUse_VSPEdriver=0)

Ver1.09(2011/11/08)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v109.EXE" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • ログ吐き出し版です。SSWiRESがおっこちた時に、以下のファイルをMUUに送っていただけると助かります。頂いたログファイルを解析し、落ちた原因を探ります。
    • ログファイルは、以下のフォルダのどちらかにあります。ファイル名は SSWiRES.logです。
      • C:\Program Files\JM7MUU\SSWiRES
      • C:\Program Files\Eterlogic.com\Virtual Serial Ports Emulator
  • SSWiRESを終了させたときに、WiRES-II Serverソフトが落ちてしまう場合には以下のように設定ファイル(SSWiRES.ini)をメモ帳で開き、書き換えてください。(SSWiRESを終了してから作業してね。)
    • ファイルの場所
      WindowsXP の場合 C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\SSWiRES
      Windows7/8 の場合 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\SSWiRES
    • 書き換える場所
      bUse_VSPEdriver という項目を探してください。 bUse_VSPEdriver=1になっていると思いますので、以下のように書き換えてください。
      bUse_VSPEdriver=0
  • COMポート番号設定方法
    仮想COMポートとして COM10とCOM11を作った場合、例えばSSWiRESはCOM10とし、WiRES-II ServerはCOM11に設定します。(逆でもOKです。)

Ver1.08(2011/11/06)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v108.EXE" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • VSPE依存関係を完全に撤廃いたしました。(V1.07まではVSPEを使用できない様にしておりましたが、VSPEのセットアップの必要がありました。Ver1.08からは完全になくなりました。)
  • WIRESとのインタフェース見直し。タイミング微調整。
  • PTT Type = Internal なのに、外部COMポートとのやり取り関連の処理が走っている件の対応。ログの見直し。

Ver1.07(2011/11/02)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v107.exe" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
    今回のバージョンアップからは 実行ファイルのみ(インストーラ無し)で提供します。今お使いの SuperSmartWiRES をインストールしたフォルダにコピーして使用してください。最終リリース時にはインストーラにて提供します。
  • VSPEチェックがOFFの時に、WiRES-II COMポート番号変更を行わないようにしました。
  • VSPEチェックがOFFの時に、WiRES-II の再起動を行わないようにしました。
  • VSPEチェックがOFFでも、VSPE_API.dllが無いとエラーが出て起動しないみたいだねぇ。(次回)

Ver1.06(2011/10/30)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v106.EXE" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • VirtualSerialPort を使わないモードを実装いたしました。
    設定画面の『VSPEドライバを使用する』のチェックを外せばVSPEを使用しないようになります。

Ver1.05(2011/2/16)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v105.EXE" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • 相手局送信中もカウントダウンタイマーが動くようになりました。
  • アナウンスがきめ細かに設定できるようになりました。設定画面をみてねー。
    相手局送信終了時に長めの音が流れます。これは5秒を意識しています。この音が終わってからPTTを握るようにすれば自然とブレークタイムが確保される仕組みです。

Ver1.04 (2010/11/13)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v104.EXE" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • インストーラが付きました。超簡単インストールができるようになりました。
  • イベントサウンド機能が付きました。
  • ウィンドウを常に最前面に表示する設定を追加しました。
  • 起動時にWiRES_Startボタンを自動的に押してくれる、『起動時にWiRESとリンク』チェックボックスを付けました。これで起動した時から直ぐにPTTが押せる状態になります。
    SSW_v104_00.PNG

Ver1.03 (2010/11/11)

SSW_103_01.PNG

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v103.zip" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • インストール方法は前と同じです。
  • カウントダウンタイマーがつきました。
  • 残り30秒になると、PTT_LEDが点滅します。
  • 設定画面の中に 外付けPTT COMポートを細かく設定出来るようにしました。
    SSW_103_02.PNG
  • 画面位置を保存出来るようにしました。実行ファイルを終了した時の位置を記憶しており、次回の起動時に復活されます。
  • 画面サイズを小さくしたり大きくしたりできるようになりました。
    SSW_103_03.PNG

Ver1.02 (2010/10/2)

  • ダウンロード=>&ref(): File not found: "SuperSmartWiRES_v102.zip" at page "SuperSmartWiRES/ダウンロード";
  • インストール方法は前と同じ。
  • 設定画面をつけました。ファイル->設定
  • WiRES-II のCOMポート番号は自動設定されます。(レジストリやGeneralSetting設定不要)
  • 仮想COMポート番号を 任意に設定できるようにしました。(COM1~32まで設定可能)
  • 外付けPTTボタンに対応しました。
  • 設定をiniファイルに保存するようにしました。

動作確認レポート

Ver1.01はあなたのコンピュータで動きました? PC1台につき1票投票してねー。

Selection Vote
動いた 17  
動かない 0  

Ver1.02はあなたのコンピュータで動きました? PC1台につき1票投票してねー。

Selection Vote
動いた 15  
動かない 1  

Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:33:33 HAST (1083d)