Top > RaspberryPi2 > 無線LAN

RaspberryPi2/無線LAN

USB接続タイプの無線LANドングルをさして 電源を入れる。

/devフォルダに「rfkill」という項目があれば、無線LANアダプタはRaspberry PiのOSに認識されている

ででー 以下色々と設定がかいてあるんだけれども、 startx でxを起動していると、右上にネットワークアイコンが出てきて、 だーーっと無線LAN一覧が出てきて。接続したいSSIDを選択するとkeyが聞かれるから 暗号化キーを入力すると、ぱぱっと接続できるんだなぁ。 次回再起動したときには、Xが立ち上がっていなくてもLinkUpしてくれるから大丈夫だとおもう。ただ問題は、熱の問題と安定性の問題でした。 無線LANドングルは結構あっちっちになりました。 安定性という意味は、Pingを送るとかなり不安定だったりパケットロスが生じました。この状態でリモートディスクトップを行うと、重たくて重たくて。あーだめだー。同じLAN内なのにー。有線LANに戻したら、一気に快適になりました。んー。無線LANはちょっと放置しておこうかなぁ。

無線LAN 親機を探索する

sudo iwlist wlan0 scan

Raspberry Piの設定ファイル設定

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

Everything is expanded.Everything is shortened.
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
 
 
 
-
|
|
!
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
 
network={
        ssid="機器のSSID値"
        psk="SSIDに対応する暗号化キー値"
}

Links

どぞー♪


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:33:22 HAST (1080d)