Top > NAVIDAS > VICS調査資料 > DARC階層構造

NAVIDAS/VICS調査資料/DARC階層構造

変調方式:LMSK 伝送ビットレート:16kbit/sec

  • 階層1 伝送路
    LMSK 16kbit/sの変調を行います。
    =>階層1伝送路
  • 階層2 誤り訂正
    (272,190)短縮化差集合巡回符号を2重に用いた積符号による誤り訂正です。
    =>階層2誤り訂正
  • 階層3 データパケット
    誤り訂正後に取り出される176bitで構成されるデータから成ります。 データパケットは、プリフィックスとデータブロックから成り、プリフィックス32bitの 構成1とプリフィックス16bitの構成2があります。
    =>階層3データパケット
    • 構成1:文字・図形・交通情報(VICS)などの一般的な番組
    • 構成2:放送局名・年月日(ユリウス暦)・時刻・代替周波数(受信状態が 悪くなったときに、同一放送局の他の周波数を選択する目的などに使います。)から構成されます。
  • 階層4 データグループ
    データパケットの同一の番組番号種別・同一のデータグループ番号をデータパケット 番号の順に並べるとデータグループになります。データグループ内でも16bitのCRCによる誤り訂正 を行います。1データグループが1ページに当たります。
    =>階層4データグループ
  • 階層5 番組
    番組は、複数のデータグループ(ページ)から構成されます。 表示に必要なデータユニットから構成されます。
  • 階層6 提示
    表示方法が規定されています。
    字数:15.5文字X2.5行・15.5文字X8.5行 他 
    文字種類:8単位符号系 JISコード(SHIFT JISではない)・追加文字 他 
    着色:4096色中32色を文字単位毎 
    属性:点滅・アンダーライン・反転 他 図形
  • その他
    サービスレベル 
    レベル1 
    15.5文字 X 2.5行(例:JFNの「見えるラジオ」) 
    レベル2 
    15.5文字 X 8.5行、図形 
    レベル3 
    交通情報データ 
    その他のサービス 
    DGSP・ページング・他 様々な応用


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:33:14 HAST (1080d)