Top > MsFB > ToneDecoder > シスオペモード

MsFB/ToneDecoder/シスオペモード

&ref(): File not found: "TSQ_Sysop_00.PNG" at page "MsFB/ToneDecoder/シスオペモード";

概要

これは、ToneDecoderの設定を行う画面です。ターミナルソフトウェアを使って設定を行います。

接続方法

こちらのページを参考に、設定環境を整えてくださいね。
=>MsFB/シスオペモード設定環境

使い方

  • ほとんどの場合は、以下の手順でうまくいきます。
    1. ターミナルソフトウェアを起動し、ターミナルソフトウェアの設定を済ました後、エンターキーを押してみます。
      [RX] SysopMenu is  hit s[Enter]
      こんな風に表示されたら、 s を打ち込み、[ENTER]キーを押してください。シスオペメニュー画面が表示されます。この後はすべて、画面上に操作方法が表示されますので、以下の説明を読まなくても雰囲気で使っていけると思いますが、参考例として挙げておきます。
    • トーン周波数を設定する。
      1[ENTER]を押します。トーン周波数一覧が出てきます。
      Everything is expanded.Everything is shortened.
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
       10
       11
       12
       13
       14
       15
       16
       17
       18
       19
       20
       21
       22
       23
       24
       25
       26
       27
       28
       29
       30
       31
       32
       33
       34
       35
       36
       37
       38
       39
       40
       41
       42
       43
      
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
      
       Select ToneID
       ToneID   ToneFrequency[Hz]
       [   0] = 67.0
       [   1] = 69.300003
       [   2] = 71.9000015
       [   3] = 74.4000015
       [   4] = 77.0
       [   5] = 79.6999969
       [   6] = 82.5
       [   7] = 85.4000015
       [   8] = 88.5
       [   9] = 91.5
       [  10] = 94.800003
       [  11] = 97.4000015
       [  12] = 100.0
       [  13] = 103.5
       [  14] = 107.1999969
       [  15] = 110.9000015
       [  16] = 114.800003
       [  17] = 118.800003
       [  18] = 123.0
       [  19] = 127.300003
       [  20] = 131.800003
       [  21] = 136.5
       [  22] = 141.300003
       [  23] = 146.1999969
       [  24] = 151.3999938
       [  25] = 156.6999969
       [  26] = 162.1999969
       [  27] = 167.8999938
       [  28] = 173.800003
       [  29] = 179.8999938
       [  30] = 183.5
       [  31] = 186.1999969
       [  32] = 192.800003
       [  33] = 203.5
       [  34] = 210.6999969
       [  35] = 218.1000061
       [  36] = 225.6999969
       [  37] = 233.6000061
       [  38] = 241.800003
       [  39] = 250.300003
                              Please Hit ToneID Number [0..39]   =>
      希望するトーン周波数番号を入力し[ENTER]を押します。例えば、88.5Hzに設定したい場合は 8[ENTER]となります。
    • 自動キャリブレーションを行う。
      2[ENTER]を押します。
      [AutoCalibration]
      ******* AutoCalibration  Step (1/3) *******
       [InputLevel Auto Adjusting]
         Please Input Tone Signal      = 88.5Hz [ID=  8] Hit Enter key!
      こんなメッセージが表示されます。トーン88.5Hzを付加したトランシーバーを準備し、無変調送信状態にした後[ENTER]キーを押します。画面がばらばらーって一杯でてきますので、その間、ずーっと送信状態を維持してください。途中で送信を止めてしまうとキャリブレーションがうまく行きません。以下は実行例です。まず最初に 入力レベルの最適化を行います。その後、トーン周波数のばらつき等を測定しています。このトーン周波数は、1.で設定したトーン周波数となります。画面上に表示されるので、見れば分かると思います。
      Everything is expanded.Everything is shortened.
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
       10
       11
       12
       13
       14
       15
       16
       17
       18
       19
       20
       21
       22
       23
       24
       25
       26
       27
       28
       29
       30
       31
       32
       33
       34
       35
       36
       37
       38
       39
       40
       41
       42
       43
       44
       45
       46
       47
       48
       49
       50
       51
       52
       53
       54
       55
       56
       57
       58
       59
       60
       61
       62
       63
       64
       65
       66
       67
       68
       69
       70
       71
       72
       73
       74
       75
       76
       77
       78
       79
       80
       81
       82
       83
       84
       85
       86
       87
       88
       89
       90
       91
       92
       93
       94
       95
       96
       97
       98
       99
      100
      101
      102
      103
      104
      105
      106
      107
      
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
      
      ******* AutoCalibration  Step (1/3) *******
       [InputLevel Auto Adjusting]
         Please Input Tone Signal      = 88.5Hz [ID=  8] Hit Enter key!
         ATT=  0  ToneLevel  96[%]  => OverLevel
         ATT=  1  ToneLevel  96[%]  => OverLevel
         ATT=  2  ToneLevel  94[%]  => OverLevel
         ATT=  3  ToneLevel  94[%]  => OverLevel
         ATT=  4  ToneLevel  89[%]  => GoodLevel
         ATT=  4  ToneLevel  81[%]  => GoodLevel
         ATT=  4  ToneLevel  83[%]  => GoodLevel
       [InputLevel Auto Adjusting] => PASS
      ******* AutoCalibration  Step (2/3) *******
       [InputFrequencyAutoAdjusting]
      [Setup_Tone]  ToneID=8
         HP_BPF_CLK  Period=70, CompareValue=35
         ToneLVL_ADC_Counter8  Period=52, CompareValue=26
       [Get_ToneDetectLimitVal]
                  Down    Center      Up
        ToneID       7        8        9
        ToneCount 23419     22599     21858
           =>DownLimit(0xFF33)  UpLimit(0xB9)
       fBaseSamplingFreq    = 2000000.0
       fCalibrateVal        =
       fSamplingFreq        = 2000000.0
       fTargetToneFreq      = 88.5 [ID=  8]
       lTargetIdealCountVal =   22599
       lToneSleshold    Max =185.0,Min =-205.0
       -5.0 -21.0 -37.0 -64.0 -68.0 -68.0 -84.0 -84.0 -68.0 -84.0
       -68.0 -84.0 -68.0 -84.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -80.0 -68.0
       -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -55.0 -68.0
       -68.0 -56.0 -53.0 -68.0 -68.0 -68.0 -70.0 -68.0 -84.0 -80.0
       -68.0 -84.0 -68.0 -80.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0
       -68.0 -68.0 -83.0 -69.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0
       -84.0 -81.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -80.0 -68.0 -68.0 -68.0
       -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0
       -72.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -84.0 -84.0 -84.0
       -84.0 -84.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0
       -68.0 -84.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -84.0 -68.0 -84.0 -84.0
       -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0
       -68.0 -68.0 -68.0 -84.0 -69.0 -68.0 -71.0 -84.0 -68.0 -68.0
       -69.0 -68.0 -68.0 -82.0 -68.0 -68.0 -53.0 -68.0 -53.0 -68.0
       -68.0 -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -84.0 -68.0
       -84.0 -83.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -69.0 -68.0
       -84.0 -68.0 -68.0 -72.0 -84.0 -84.0 -84.0 -84.0 -84.0 -68.0
       -84.0 -83.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0
       -68.0 -84.0 -68.0 -68.0 -68.0 -84.0 -84.0 -68.0 -80.0 -68.0
       -69.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -68.0 -67.0 -68.0 -68.0 -68.0
         AveOneDustBufAvg =-71.8300018
         fBaseSamplingFreq=2000000.0
         fCalibrateVal    =-0.0031886
         fSamplingFreq    =1993622.75
      [Setup_Tone]  ToneID=8
         HP_BPF_CLK  Period=69, CompareValue=34
         ToneLVL_ADC_Counter8  Period=52, CompareValue=26
       [Get_ToneDetectLimitVal]
                  Down    Center      Up
        ToneID       7        8        9
        ToneCount 23345     22527     21788
           =>DownLimit(0xFF34)  UpLimit(0xB8)
       fBaseSamplingFreq    = 2000000.0
       fCalibrateVal        = -0.0031886
       fSamplingFreq        = 1993622.75
       fTargetToneFreq      = 88.5 [ID=  8]
       lTargetIdealCountVal =   22527
       lToneSleshold    Max =184.0,Min =-204.0
       -34.0 -31.0 -18.0 -3.0 -2.0 -2.0 -2.0 -2.0 11.0 -1.0
       -2.0 -2.0 -2.0 1.0 -2.0 10.0   -2.0 -3.0
       [InputFrequencyAutoAdjusting] =>PASS
      ******* AutoCalibration  Step (3/3) *******
       [InputFrequencyStabilityAutoAdjusting]
      [Setup_Tone]  ToneID=8
         HP_BPF_CLK  Period=69, CompareValue=34
         ToneLVL_ADC_Counter8  Period=52, CompareValue=26
       [Get_ToneDetectLimitVal]
                  Down    Center      Up
        ToneID       7        8        9
        ToneCount 23345     22527     21788
           =>DownLimit(0xFF34)  UpLimit(0xB8)
       fBaseSamplingFreq    = 2000000.0
       fCalibrateVal        = -0.0031886
       fSamplingFreq        = 1993622.75
       fTargetToneFreq      = 88.5 [ID=  8]
       lTargetIdealCountVal =   22527
       lToneSleshold    Max =184.0,Min =-204.0
       278.0 278.0 278.0 278.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 278.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 278.0 278.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 278.0
       278.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 278.0 278.0
       278.0 278.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 278.0 278.0 278.0 278.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 278.0 278.0 278.0 278.0 278.0 278.0 278.0 278.0
       278.0 278.0 278.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 278.0 277.0 277.0 277.0 277.0 277.0 277.0
       277.0 277.0 277.0 277.0 277.0 277.0 277.0 277.0 277.0 278.0
       278.0 278.0 278.0 278.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0
       279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 279.0 278.0 278.0 278.0 278.0
          => ToneMax  = 279.
          => ToneMax2 = 334.
       [InputFrequencyStabilityAutoAdjusting] =>PASS
      [InputFrequencyStabilityAutoAdjusting] =>PASS
      と表示されていることを確認します。PASSではない場合には、何らかの不都合があるようです。信号が入っていないとか。トーン周波数が合っていない等の原因が考えられます。
    • 設定を保存する!
      キャリブレーションの結果や現在の設定状態をマイコン内部に記憶します。
      7[ENTER]を打ち込みます。 これを忘れると、マイコンの電源を入れなおす度に初期設定に戻ってしまいますので、わすれずに。
    • シスオペメニューを終了します。
      9[ENTER]を打ち込みます。
      シスオペメニューを終了しないと、トーン検出が行われませんので、わすれずに。
      Running!
      と表示されればトーン検出処理が走り出します。

トーンレベルチェッカー機能

トーンが入っているかどうかが不安になったとき、この機能を使うとよいです。

  • 4[ENTER]を打ち込みます。
    [ToneLevel Monitor]    ATT=  4
     ToneLevel  30[%]  => LowLevel
    こんな画面が出てきます。現在のトーンレベルを表示したものです。無線機と接続した状態で、スケルチを閉じているのに、ToneLevelが0~80とかぐらいまでばらつく場合には、ToneDecoderに接続した信号がスケルチに連動しておらず、ノイズ状態の信号が入りっぱなしになっている事を指します。これでもToneDecoderとしては問題ありません。
    無線機からトーン信号を載せない状態で無変調をだしてみます。ToneLevelが10%以下であれば問題ありません。NoSignalと表示されます。
    [ToneLevel Monitor]    ATT=  4
     ToneLevel   1[%]  => NoSignal
    次にトーン信号を載せた状態で無変調を出してみます。ToneLevelが80%ぐらいであれば問題ありません。GoodLevelと表示されます。
    [ToneLevel Monitor]    ATT=  4
     ToneLevel  81[%]  => GoodLevel
    ここで GoodLevel以外の表示が出た場合、入力アッテネータ値を変えることにより入力レベルを調整することができます。 [ENTER]キーを打ち込むと、以下のメニューがでてきます。
     1:  Change Input ATT
     9:  Exit ToneLevel Monitor
                           Please Hit Menu Number [1..9]   =>
    アッテネータ値を変更するには、1[ENTER]と打ち込んだ後にATT値を入力します。 LevelMonitor機能を終了するには 9[ENTER]を打ち込みます。

最後に設定を保存する事を忘れないようにしましょう。7[ENTER]ですね。

トーン検出結果論理切り替え

  • 6[ENTER]と打ち込むと、論理をHI/Low切り替えることが出来ます。
    具体的には、MsFB/ToneDecoder/ToneDecoder回路図とピン配置の ain[0] TSQL(OUT) の論理がかわります。
設定値トーン検出中の出力電圧
HI5V
LO0V

最後に設定を保存する事を忘れないようにしましょう。7[ENTER]ですね。 }}


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:33:09 HAST (1058d)