Top > MsFB > MsRoomAssist > 導入手順

MsFB/MsRoomAssist/導入手順

MsFB/MsRoomAssistファームウェアの導入

MsFB/KitUserページから、MsFB/MsRoomAssistファームウェアダウンロードしてMsFBにインストールします。既に外部と接続されている場合には、一旦取り外してからアップデートしてください。

無線機とHRI-100の間にMsFBを入れる。

MsFB/回路図ページのMsFB/MsRoomAssist 回路図を参考にしながら、無線機とHRI-100の間を接続します。コンデンサと抵抗、発光ダイオードぐらいの部品しかありません^^;; HRI-100に付属していたケーブルをそのまま使って、MiniDin6メスーオスケーブルを購入してきて半分にカットして、そのカットした部分にMsFBを入れる事をお勧めします。ファームウェアをアップデートする時にはUSB以外の端子は無接続状態で行いますので、コネクタ接続にしておくと良いでしょう。

PCにサウンドカードを増設する。

Windowsシステム上のディフォルトのサウンドカード指定をアナウンス送信用のサウンドカードにします。もう1つのサウンドカードをWiRESの通常運用に使用します。

  • ドライバーが必要な場合はインストールしちゃいます。
    以下、 WiRES通常運用で使用するサウンドカードAと呼び、
    アナウンス送信用のものをサウンドカードBと呼びます。

Windowsシステム上のディフォルトサウンドカードをBにします。

  • Windowsの[コントロールパネル]->[サウンドとオーディオのプロパティ]を表示させます。
  • オーディオタブをクリックし、サウンドカードBに相当するサウンドカードを選択します。(音の再生、録音の項目どちらも選択してね。)
  • 同じように 音声タブをクリックし、サウンドカードBに相当するサウンドカードを選択します。
  • サウンドタブをクリックし、サウンドなし を選択しOKボタンをおします。
    Sound_00.PNG

WiRES-II Server 側の設定

  • WiRES-II Server 画面の[File]->[AudioSetting]でサウンドカードAを選択します。
  • [File]->[Propety] をクリック。WiRES-II Propety Screen画面を表示させる。
  • [HRI-100 Setup] タブをクリック
    BUSY Ground を High にして Write ボタンをクリックし、OKボタンを押す。
  • 一応再起動し、通常のWiRES運用が行えるかどうか確認します。

Multi Function Alarm(MFA)の設定

  • ここからダウンロードしてください。
    http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se057446.html
  • 解凍先はこんな感じにします。WiRES_Chatと同じ階層のフォルダに入れます。
    C:\Program Files\JM7MUU\WiRES_Chat\WiRES_Chat.exe等のファイル
    C:\Program Files\JM7MUU\Mfa176\MFA.exeや、音声wavデータを格納する所。
  • 音声ファイルwavを準備します。 いつも使っているサウンド編集ソフトを使ってwavファイルを作ります。
  • 設定ファイルMFAlarm.txtを準備する。以下は、WiRES0945ルーム運用で使用している設定ファイルです。設定ファイルの作り方はMFAのマニュアルを確認してください。画面上で設定を作ることもできます。私は以下のテキストファイルを作っちゃいました。見ての通りそんなに難しくありません。
    EveryDay **:05 Mplay  Every_10Min_TypeA.wav
    EveryDay **:15 Mplay  Every_10Min_TypeB.wav
    EveryDay **:25 Mplay  Every_10Min_TypeC.wav
    EveryDay **:35 Mplay  Every_10Min_TypeD.wav
    EveryDay **:44 Mplay  Every_10Min_TypeA.wav
    EveryDay **:55 Mplay  Every_10Min_TypeB.wav
    EveryDay 06:01 Mplay  EveryDay_0600.wav
    EveryDay 07:01 Mplay  EveryDay_0700.wav
    EveryDay 08:01 Mplay  EveryDay_0800.wav
    EveryDay 18:01 Mplay  EveryDay_1800.wav
    EveryDay 19:01 Mplay  EveryDay_1900.wav
    EveryDay 20:01 Mplay  EveryDay_2000.wav
    EveryDay 21:01 Mplay  EveryDay_2100.wav
    EveryDay 22:01 Mplay  EveryDay_2200.wav
    EveryDay 23:01 Mplay  EveryDay_2300.wav
    EveryDay 23:59 Mplay  EveryDay_2359.wav
  • PC起動時にMfa.exe が実行されるようにしておきます。
    スタートアップフォルダにMfa.exeへのショートカットを入れておきます。

WiRES_Chat側の設定

  • WiRES_Chat Version 3.02Beta3以降のソフトをダウンロードする。
  • WiRES_Chatを終了させた状態で、WiRES_Chat.ini をメモ帳で開く。
  • 一番下の行に以下の項目を追加する。
    [MFA]
    Run=1
    CFG_FileName=..\\Mfa176\\MFAlarm.txt
    EXE_FileName=..\\Mfa176\\MFA.exe
    SendRoomNumberLimit=1
    lSendRoomNumber=945
    lSendRoomNumberはアナウンスを送信するルーム番号を設定します。これは0945ルームに接続されている時だけアナウンスを送信する!といった設定になります。(但し、地震情報は除く)。 この制限をはずしたい場合は、SendRoomNumberLimit=0 にすればどんな状態の時でも定期的にアナウンスを流すようになります。

P2P地震情報の設定

日本語読み上げエンジン

P2P地震情報


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:33:08 HAST (1080d)