Top > MsFB > DTMF送信機 > シスオペモード

MsFB/DTMF送信機/シスオペモード

&ref(): File not found: "DTMF_Sysop_00.PNG" at page "MsFB/DTMF送信機/シスオペモード";


概要

これは、DTMF送信機の設定を行います。ターミナルソフトウェアを使って設定を行います。

接続方法

ドライバーをインストールします。

  • こちらのページを参考にインストールしてください。
    =>MsFB/USBシリアルドライバーインストール方法

PCとMsFBを接続します

  • USBケーブルでPCとMsFBを接続します。

ターミナルソフトウェアの設定

以下はTeraTermを使った場合の例です。

  • 通信条件設定を行いましょう。
    COMポート番号はお使いのPCにあわせてください。 通信速度は115200bps データ8Bit パリティなし ストップビット1ビット フロー制御無しです。
    &ref(): File not found: "DTMF_TerminalSoft_01.PNG" at page "MsFB/DTMF送信機/シスオペモード";
  • ターミナル画面の設定です。
    &ref(): File not found: "DTMF_TerminalSoft_00.PNG" at page "MsFB/DTMF送信機/シスオペモード";

シスオペモードにログインする方法

  • ターミナルソフトウェアの設定を行った後、エンターキーを何度か押してみてください。何度か押すと、こんなメッセージが出てきて、カウントダウンが開始されます。
    [RX] SysopMenu is  hit s[Enter]
    Last 10 Second.
    Last 9 Second.
    Last 8 Second.
    Last 7 Second.
    このカウントダウンが終了しないうちに、s を打ち込み、[ENTER]キーを押してください。シスオペメニュー画面が表示されます。この後はすべて、画面上に操作方法が表示されますので、以下の説明を読まなくても雰囲気で使っていけると思いますが、参考例として挙げておきます。

シスオペメニュー画面

&ref(): File not found: "DTMF_Sysop_00.PNG" at page "MsFB/DTMF送信機/シスオペモード";
設定を変更したい項目番号を入力し[ENTER]キーを押します。

0) KeyPad Config

接続されているKeyPadの接続状況を設定します。

  • シスオペメニュー画面で、0[ENTER]キーを押します。
  • キーパッドの個数を設定します。12Keyの場合には0[ENTER]、16Keyの場合には1[ENTER]を押します。
    Please Input KeyLength. 0:12Key 1=16Key (Hit e is Exit) =>
  • キーパッドを1つづつ押してゆきます。押す所Keyの位置は画面上に順次表示されます。
    Please Push KeyPad  ['1'] =>
    こんな風に表示されたら、KeyPadの1を押します。次に2,3,4,5・・・#まで、画面の指示に従って押してゆきます。
    Please Push KeyPad  ['1'] => KeyCode = [0x0]
    Please Push KeyPad  ['2'] => KeyCode = [0x1]
    Please Push KeyPad  ['3'] => KeyCode = [0x2]
    Please Push KeyPad  ['4'] => KeyCode = [0x3]
    Please Push KeyPad  ['5'] => KeyCode = [0x4]
    Please Push KeyPad  ['6'] => KeyCode = [0x5]
    Please Push KeyPad  ['7'] => KeyCode = [0x6]
    Please Push KeyPad  ['8'] => KeyCode = [0x7]
    Please Push KeyPad  ['9'] => KeyCode = [0x8]
    Please Push KeyPad  ['*'] => KeyCode = [0x9]
    Please Push KeyPad  ['0'] => KeyCode = [0xA]
    Please Push KeyPad  ['#'] => KeyCode = [0xB]
     OKOK! **SaveParaToEEPROM**
    Hit Enter key!
    うまく行くとこんな感じに表示されます。KeyCodeの値はキーパッドの接続方法によって数値が異なります。ここで、FAILが表示された場合には、キーパッドの配線が間違っていて、同じキーコードとして認識したキーが重複していたりします。もう一度KeyPad設定を行ってみて同じようであればKeyPadの接続を確認します。

設定された内容は、シスオペメニューの下のほうに表示されます。

 ***Internal Parameter***
KeyMatlixArray =
[ 0]=0x31[ 1]=0x32[ 2]=0x33[ 3]=0x34
[ 4]=0x35[ 5]=0x36[ 6]=0x37[ 7]=0x38
[ 8]=0x39[ 9]=0x2A[10]=0x30[11]=0x23
[12]=0xC[13]=0xD[14]=0xE[15]=0xF

1) DTMF Group Setting

1グループ31桁、10グループまでプリセット登録をしておくことが出来ます。このプリセット登録や変更を行います。

  • シスオペメニュー画面で、1[ENTER]キーを押します。
  • 登録するグループ番号を入力します。
    Please Hit GroupNumber? [0..9]  (Hit e is Exit) =>
    0~9までの数値を入力し[ENTER]キーを押します。
  • 登録するDTMFコード列を入力します。
    Please Hit DTMF Code. [0123456789*#ABCD,](GroupNumber[ ])
    入力可能な文字列は、0123456789*#ABCD, です。『,』は 900ms無音期間を作ることができます。 最大 31桁まで入力可能です。入力した後に[ENTER]キーを押すと、以下のような確認メッセージが表示されます。
     CodeGroup= 4, 16[Digit] => #0945D,,,,#9999D   OK?(y/n)
    グループ番号4に16桁登録しようとしています。DTMFコードは 『#0945D,,,,#9999D』です。良いですか?という意味です。問題なければ y[ENTER]を押します。

2) DTMF Signal[0](+) Output ATT =17

ain[2] DTMF_OUT_PLUS 端子から出力するレベルを調整します。

  • シスオペメニュー画面で、2[ENTER]キーを押します。
    123456789*0# というDTMF信号が送出されます。
    [OutputSignalLevelAdjust_Plus]  ATT Value= 17
     Please Hit Output Level ATT[0..32]
       (now=17, Hit e to Finish, Hit Enter to Continue. ) =>
    設定範囲は0~32です。現在は17です。と表示されている例です。もう一度同じ設定で信号を送出する場合には[ENTER]キーを押してください。設定値を変更するには、数値を入力し[ENTER]キーを押します。設定が終了したら e[ENTER]キーを押してください。

3) DTMF Signal[1](-) Output ATT = 3

ain[1] DTMF_OUT_MINUS 端子から出力するレベルを調整します。

  • シスオペメニュー画面で、3[ENTER]キーを押します。
    123456789*0# というDTMF信号が送出されます。
    [OutputSignalLevelAdjust_Minus] ATT Value=  3
     Please Hit Output Level ATT[0..16]
       (now= 3, Hit e to Finish, Hit Enter to Continue. ) =>
    設定範囲は0~16です。現在は3です。と表示されている例です。もう一度同じ設定で信号を送出する場合には[ENTER]キーを押してください。設定値を変更するには、数値を入力し[ENTER]キーを押します。設定が終了したら e[ENTER]キーを押してください。

4) GeneralDTMFMode =FALSE

汎用DTMFモードです。このモードにした場合にはプリセット送信モードは無効になります。

  • シスオペメニュー画面で、4[ENTER]キーを押します。
    TRUEになっていた場合はFALSEとなり、FALSEとなっていた場合にはTRUEになります。

5) KeyTouchSound =TRUE

キータッチ音をDTMF音で出力するかどうかを選択します。

  • シスオペメニュー画面で、5[ENTER]キーを押します。
    TRUEになっていた場合はFALSEとなり、FALSEとなっていた場合にはTRUEになります。

6) Wait_ENSW =FALSE

プリセット送信を行うときに、外部から入力した信号をWait信号として使用するかどうかを指定します。dout[0] DTMF_WAIT が使用されます。

  • シスオペメニュー画面で、6[ENTER]キーを押します。

7) Wait_ENSW_INV =FALSE

dout[0] DTMF_WAITに接続した信号の論理を反転させるかどうかを指定します。

  • シスオペメニュー画面で、7[ENTER]キーを押します。

8) Recall Factory Setup

工場出荷時の設定に戻します。

  • シスオペメニュー画面で、8[ENTER]キーを押します。

9) Exit Sysop Menu

シスオペモードを終了します。

  • シスオペメニュー画面で、9[ENTER]キーを押します。

どぞー♪

  • お疲れ様です。もうここまで出来てるぅ!素晴らしい! -- JP1LMJ 青木 2009-07-19 (日) 23:59:19
  • うんうん。がんばってるよー♪ まぁ結構いいかんじかなー。 -- JM7MUU 本田 2009-07-20 (月) 06:22:54
  • ただ今DTMF送信機の使用方法特訓中ですが、一度ダイレクトモードへ移行後にシスオペモードに戻る事はかのうでしょか? 機能が多いのでまごついています。 -- je7fza 2009-10-18 (日) 15:48:35
  • 可能のはず・・・移行できないでしょうか?バグってるのかなぁ・・・ -- JM7MUU 本田 2009-10-19 (月) 03:56:50
  • 操作手順を教えていただきたいのでが・・・たぶん当方が手順を把握出来ていないのでしょう? プログラムを再ロードするとシスオペモードに入れました。 -- je7fza 2009-10-19 (月) 06:06:09
  • ダイレクトモードを設定後、9で抜けて,s入力するとLCDにはGENRAL_DTMFと表示され、緑LEDが点燈します。このときPCはs,Enterすると画面にはIDEと表示されてシスオペモードに戻れないようです。操作手順のどこに問題があるのかなぁ・・・ -- je7fza 2009-10-19 (月) 06:47:41
  • んー。操作方法は合ってそうですね。ということは何かのバグかもしれません。確認してみますね。お手数をおかけいたします。 -- JM7MUU 本田 2009-10-19 (月) 17:44:26
  • VerD1.01Aを公開しました。やはりバグってましたー。お手数をおかけいたしました。ついでにLCDコントラスト機能を実装してみました。IDLEモードの時に、GAINER本体ボタンを3回ほど押すと、緑LEDが点滅します。点滅している間に本体ボタンを何回か押してみてください。押すたびに順次コントラストが切り替わってゆく様子が分かると思います。設定値はLCDに表示され、シスオペモードでも確認できます。設定切り替えはボタンのみで、0(薄い)~6(濃い)まで設定可能ですす。この設定値はPSoC内部EPROMに保存されます。 -- JM7MUU 本田 2009-10-20 (火) 05:57:21
  • 素早い対応ありがとうございます。おまけにコントラスト調整にできました。まだすべてを使いこなせていません特に、送信ウエイト端子の取り扱いを特訓中です。 -- je7fza 2009-10-20 (火) 07:37:14
  • 動作確認ありがとうございます。送信ウエイト端子もあまり厳密にチェックできていないかもしれません^^;;;; -- JM7MUU 本田 2009-10-20 (火) 14:57:38

Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 01:33:05 HADT (966d)