Top > DTMFの出し方

Ham

DTMFとは

DTMF:Dual Tone Multi Frequency の略。2つのトーン信号を組み合わせて情報を送る方法。一般電話機のピポパ音は、DTMF音である。

DTMF周波数

DTMF マトリックス~(単位 Hz)

低群\高群1209133614771633
697
770
852
941

DTMFを発生させる方法1(ハンディートランシーバを使う)

  1. ハンディトランシーバのDTMF音を使用する
    送信中にテンキーを押す事により、DTMF音が送信される。 古すぎるハンディトランシーバは無理かも・・・
  2. ハンディトランシーバのDTMF送信機能を使用する。
    DTMF送信が出来るハンディートランシーバには、ついている事がおおい。 10個ぐらいプリセットしておき、送信するときはその中から選択して使用する。

DTMFを発生させる方法2(モービル機を使う)

  1. DTMFプリセット機能があるトランシーバがあります。
  2. DTMFマイクを使えば、マイクにあるテンキーを押すとDTMFが出せます。

DTMFを発生させる方法3(携帯電話を使う)

  1. 携帯電話のテンキーを使う。
    マナーモードをOFFにした状態でテンキーをおすと、 スピーカからピポパと聞こえる。これがDTMF音。 ただし、住所録に登録してしまうとDTMF音が出ない。
  2. 携帯電話のアプリを使用する
    DoCoMo用のアプリ(ピポパアプリ)を使用すると、住所録に登録した番号で DTMF音が出せるようだ。(使ったことはない。私はAu ^^;;;) 使ったことがある人がいれば、是非レポートを^^ Au用のアプリは、BREWアプリでなければならない。このアプリは、Auの厳しいチェック項目をパスしなければならず、勝手にアプリ公開が出来なくなっている。今まで携帯アプリ開発を個人で行っている人には、厳しい現実のようだ。
  3. ボイスレコーダを使う方法。
    何らかのDTMF音を携帯電話のボイスメモとして登録しておく方法。 当方は、ハンディートランシーバのDTMF音をボイスレコーダに登録してある。 携帯電話のボイスレコーダの機能を呼び出すまでに面倒だったので、調べたら一発起動が出来る。 これは便利!!

一言どうぞー♪


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:32:48 HAST (1083d)