Top > APRS > Welcome

APRS

これからAPRSを始める方へ!


さぁ、どこから手をつけたらいいんだろう。そんな悩みをお持ちの方に、私なりに考えた道を御案内します。

APRSの面白さ

TinyTrak3Plus+GPSセットをゲットしましょ!

まずは、自分の位置情報を発信するものを入手します。TinyTrak3Plus を使っても良いですし、お金に余裕があるのであれば、TM-D710 が最もお勧め!

走りましょう!

TinyTrak3Plus などの位置情報を発信するものを、車や自転車、バイクにとりつけて、走りましょう。周波数は、144.66MHz か 144.64MHz でOK!

軌跡を見ましょう!

あなたの軌跡、残ってますか? 結構綺麗に軌跡が残っているようであれば、その地域では既に、I-gateやデジピータがある証拠です。

軌跡が綺麗に残ってない場合は・・・

144.66MHzや144.64MHz をしばらく受信します。ビギャーという音が聞こえるようであれば周辺にデジピート局などが存在する可能性が高いです。その場合には、送信機側の問題の可能性がありますので、ハンディートランシーバ等で自分が発信しているパケット音を聞いてみてください。

軌跡が全くでない。でも受信していると、ビギャーって音は聞こえてくる。

そんなときは、送信機側の変調音が割れていないか、または変調が浅くないかをチェックします。どうしても駄目の場合には、違う無線機を使ってみるのも手です。

ちょっと軌跡は出る。でも微妙・・・

そんなときは、周辺にI-Gate局やデジピート局が存在する事を意味します。でも電波が弱かったりすると、場所が良いところではとってもらえたり、建物の影に入るととってもらえなかったりします。その場合には、デジピート局の設置を検討します。

デジピート局とは・・・

受信したパケットを再送信する中継所といったところです。

デジピート局って簡単?

TNCと無線機とアンテナがあれば、設置できます。昔のTNCを持っていませんか?TNC-22でもデジピート局を作ることが出来ます。インターネットに接続する必要はありません。場所が良い場所(ビルの上とか、山の上とか・・・)、そんな所に設置するのが望ましいでしょう。 特殊な無線機も要りません。データ端子も要りません。通常交信が可能な無線機であればOKです。 PCも要りません。

デジピート局を作って反応してくれているけれど、ネット側に流れない。

デジピートした電波がI-gate局に届いていない事が考えられます。無線機がしっかりパワーが出ているか等をまずはチェックします。 その後、APRSを既にやっている方に相談してください。もしかしたら、デジピートの設定で行けるかもしれません。

とにかく静か。I-Gateもデジピータも無いみたい。

そんなときには、I-Gate局の設置を検討しましょう。

I-Gateってなに?

ビギャーというパケットデータをインターネット上に流します。

I-Gateの設置は簡単?

設定が一杯あって、結構大変です。一つ一つ吟味しながら設定してゆく必要があります。もし間違った設定をしてしまうと、世界中のAPRSに迷惑をかけることもあるので、慎重に設定したほうが良いでしょう。(と、どこかのホームページに書いてありました。)が、解らないところだらけだとおもいますので、とにかくチャレンジです。 UI-VIEW32 というソフトウェアを使用することになるでしょう。 必要な設備は PC,TNC,無線機,アンテナ となります。インターネットに接続されている必要があります。

APRSのトラフィックを考えてみましょう

144.64MHzや144.66MHzをモニターしてみましょう。もしお手元にTNCがあるようでしたら、パケットを受信してみましょう。いろんなデータが行き来しているのがわかるとおもいます。最近、人口密度が高いエリアで、パケットが多すぎて出せないといった相談を受けます。その周波数を受信していると、ほとんどが送信されっぱなしという事なのです。私なりに原因を考えてみました。

  • デジパスの設定が適当でしょうか。
    人口密度が多いエリアにあっては、デジピータやI-Gateも豊富です。以下のページを参考に、デジパスの設定を見直してみてください。
    =>APRS/DigiPath
  • 受信してもらえないから、出しまくれ?
    実はこういった方がいらっしゃいました。『マップ上にでてこないし、送信してもとってもらえないから、ビーコン間隔をかなり短めに設定した。』という事でした。強いものは勝つ? これが慢性化してしまうと、APRSのネットワークが成り立たなくなります。みんなが適正に使えば快適に使えるAPRSネットワークになるはずです。ビーコン送信間隔は適正にすべきだと思います。それでは何が適正なの?といった疑問がわいてきますね。数々のホームページを検索すると出てきますので参考にされてください。
  • 超広範囲のデジピータやI-Gateを考えている?
    上記にもありますとおり、地域によってはパケットが蔓延しすぎてパケットを出す隙間が無いといった現状があるのにもかかわらず、さらに広範囲なデジピータやI-Gateを考えていらっしゃる方がいます。今まで受信できなかったエリアまでカバーして頂けるのは大変うれしいのですが、逆に言うと混信が増えてきます。
    たとえば私は7エリアの福島に住んでいます。私が全国をカバーするデジピータを作ったとしましょう。6エリアでだしたパケットも1エリアでだしたパケットもデジピートするわけです。こうなったら大変な事がおきるのが想像できるでしょうか。混信だらけでパケットも受信できるはずもなく、意味が無いデジピータとなり、大きな非難をかうことでしょう。
    実験研究業務を阻害するわけではありませんが、I-Gateやデジピータを設置しようと考えていらっしゃる方に是非一度、本当に必要なのか?を考えていただきたいと思っています。
    そして9600bpsの実験運用も開始されています。是非こちらも導入検討をされてみてください。
  • TinyTrak3Plusで使い続けている方へ!
    APRSの基本思想は、双方向にやり取りをすることにあります。TinyTrak3Plusを代表とするTrackerと呼ばれているものは 自分の位置情報を出すことはしますが、パケットを受信することは行うことができません。要は双方向ではないわけですね。そして双方向のやり取りを可能にしたトランシーバーが発売されてきています。TM-D710やVX-8が代表的な例です。すこし値段が高いイメージがありますが、このトランシーバーは従来のトランシーバーとは訳が違います。ただ電波が出ればよいという無線機ではなく、APRSに特化した機能が満載です。是非こちらも検討してみては如何でしょうか。
  • 携帯を使えばいいじゃん?
    『携帯電話を使えば、KeitaiTrackerを使って位置情報が出せます。メッセージの受信も出来ます。メールで飛んできます。じゃぁ双方向じゃん。それでいいじゃん?』
    といったお話をされる方がいらっしゃいます。確かにそれでも面白いかも知れません。しかし、忘れてはいけないのは私たちはアマチュア無線家であることです。アマチュア無線の電波をだして交信を行ったり、データのやり取りをすることが大前提にないと、インターネットに押しつぶされてしまいますね。
    折角、電波利用料をはらってコールサインをもらって開局しているんですから、じゃんじゃん電波をだしましょう。インターネットは補助的な存在として、またはバックボーン回線として考えていただければよいのではないでしょうか。

  • I-GATEの立ち上げを京都府南部地域で行っていますが、悲しいかなTT3P+GPSの準備がまだなんです(ーー;)・・・誰か近くを走ってくれないかなぁーと思う今日この頃です(^^♪ 只今ボランティア状態。 -- JE3MXU_松本 2007-10-10 (水) 14:04:36
  • http://aprs.fi/?call=JE3MXU-9&mt=m&z=11&timerange=3600 今日も一日、快適に走行されていますね! 。('-'。)(。'-')。ワクワク -- JM7MUU 本田 2009-06-24 (水) 05:54:16

Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 19:32:46 JST (754d)