Top > APRS Tracker

APRS Tracker

概要

FoxTrakというハード上で動作するファームウェアである。FoxTrakは高度(標高)データが送信されないが、APRS Trackerは送信される。是非導入してみよう。=>TinyTrak3Pでも動作した!
設定ツールはLinuxベースだが、CDイメージが公開されているので、そのイメージをもってきて、CD-Rに焼いて、CDからPCを起動すれば設定ツールが立ち上がるので、問題ない。
USB-シリアル変換は使えないとおもう。(Linux上で認識すれば可能かもしれないが、不明。)
PCに内臓COMポートがあれば、それをつかうのがベスト。Linuxが解からなくて全然結構です。やってみて!
尚、CD-Rを準備しない方法もある。この方法を使えば、USBシリアル変換もうまく使える!
=>APRS Tracker/Windows設定パッケージ

動作確認済みTracker

導入方法

以下は標準的な準備方法です。APRS Tracker/Windows設定パッケージを使う場合には、CD-Rを準備する必要が無くなりますので、確認してみてね。

  • 準備するもの
    • FoxTrak
      これ以外にも、FoxTrak互換のTrackerが出回っているので、そのハード上でも動作する可能性が高い。
    • PICマイコン
      hexファイルとして提供されているファームウェアは、PIC16F628, PIC16F636, PIC16F648用だ。
      それ以外のPICを使用したい場合には、PICの開発(C言語コンパイル)環境を準備してリビルドをかける必要があります。ソースコードは提供されています。
      今回は素直に、PIC16F648を使用しました。
    • PICライター
      PICにプログラムを書き込むものです。秋月電子で購入できます。
      =>AKI-PICプログラマー Ver.4(完成ボード)
      ちょっと高価かもしれませんが、今後電子工作を行ってゆくにつれて、PICマイコンを使える環境を準備しておく事は大変有効だとおもいます。ずっと使えますので、是非一つはゲットしておくと良いでしょう。
    • CD-R 1枚
      なんでもOK牧場。まだ書いてないCD-Rを1枚準備してください。
    • シリアルクロスケーブル
      FoxTrakをお持ちならば1本はお持ちかと思います。そのケーブルで良いです。PCとFoxTrakを接続するためのケーブルです。
    • COMポートが内臓しているPC
      USB-シリアル変換は残念ながら使用できません。Linuxに知識がある方ならば、可能かもしれませんが、一般的にはちょっと難しいです。COMポートが内臓されているPCを使ったほうが手っ取り早いです。
  • 設定用APRS Tracker CDを作ろう
    1. 本家ページから、ISO image bootable CDROM をクリックし、aprstracker-0.11.isoをゲットする。
      本家ページはこちら。=>http://sharon.esrac.ele.tue.nl/~pe1icq/projects/aprstracker.shtml.en
    2. CD-Rに書き込めるツールを使い、先ほどゲットしたisoイメージファイルを焼く
      私はB'sRecorderGoldを使いました。isoファイルをドラッグアンドドロップしたらイメージファイルだと認識されて、あとは書き込みというボタンを押すだけで簡単に作れました。
  • PICマイコンを準備しよう
    1. PICライターに、PICマイコンを置く。
    2. PICライターツールを起動させる。
    3. 書き込むファイルを選択します。先ほど作ったCD-Rの中にあります。
      CDの中を見ると、aprstracker というフォルダの下に hex ファイルがあります。
      私の場合には、PIC16F648Aを使いますので、aprstracker-0.11-16f648.hex を選択します。
    4. PICに書き込みます。
  • APRS Tracker設定の準備をしよう
    1. FoxTrakのPICを抜き、先ほど焼いたPICをさします。
    2. FoxTrakとPCのCOMポートをシリアルクロスケーブルで接続する。
    3. FoxTrakに電源を通電する。
    4. PCに先ほど作ったCD-Rを入れる。
    5. PCを一旦終了させて、CD-ROMドライブから起動させる。
      ぱらぱらなんだか文字列が一杯でてきます。
      Enterキーを押せというメッセージがでるので、押します。
      うまく行くと、設定画面が表示されます。
    6. 各設定を行ったら、後はCOMポートをぬいちゃって良いみたいです。
  • APRS Tracker設定を行おう
    設定する番号(又はローマ字)1文字を入力しエンターを押すと設定変更が出来る。これを一つ一つ実施してゆく。
    以下は、JM7MUUがやってみた全ての設定を終了した時の画面だ。
    APRS_Tracker_Setting_JM7MUU_00.jpg
    変更したのは以下のパラメータ
    • 1.SourceAddress(必須): JM7MUU-9
      コールサインを設定するのだ。絶対設定すべし! 自分の場合には JM7MUU-9となる。
    • 2.Proportional Pathing: Disabled
      初期値は3となっていたが、6以上の設定を行うとDisabled にすることができる。
    • 3.Beacon interval: 0 (SmartBeaconing enabled) =>(初期値のまま)
    • 4.TX Delay count: 60 =>(初期値のまま)
    • 5.Symbol table: / =>シンボルテーブルを選択します。
    • 6.Symbol id: > =>シンボルを設定します。
    • 7.Beacon comment: なにか入れましょう。
    • 8.Comment interval: 10
    • 9.Status text: =>(要らないので削除しましょう。)
    • I.Altitude is disabled => enabled にしましょう。高度データを付加するかどうかを選択します。
    • P.Using New-N Paradiam DigiPath にします。
      (初期値がUsing New-EU Paradigm Digi Pathになっていますので変更します。)

本家ページ

メリット

  • ビーコンの中に高度が入る。(FoxTrak純正ファームでは高度が入りません。)
  • FoxTrakTinyTrak3Plusよりもビーコン発射回数が少ないような感じがします。

デメリット

  • 設定ツールがWindowsではないため、ちょっと悩ましいが、慣れれば別になんということもない。

動作させた感想

  • SmartBeacon
    FoxTrakTinyTrak3Plusでは、GPSがロックした瞬間に現在位置を発射するが、APRS Trackerは発射しない。車が動き始めてからはじめてビーコンが発射される。停車している最中は一切ビーコンが出てこない。余計なビーコンを出さないという意味ではかなり優れている。
  • デジパスが毎回かわる?(Proportional Pathing)
    これは設定で固定にも出来るのだが、初期設定のままだと、最大4ホップまで飛ばすためのビーコンが選択され、1ホップのときもあれば、3ホップのときもある。6以上の値を設定すると無効となる。とりあえずこの機能はいらないとおもって、無効にしてDigiPathを固定にした。
    RELAY,WIDE2-2 となるようだが、new-N paradigmを選択していると、WIDE1-1,WIDE2-2 となってくれるようだ。
    今の日本の状況にあわせて、new-N paradigm を選択した。

どぞー♪

  • 本田さん、また面白いことやっていますね。興味を持ってBoot CDを焼いてみました。秋月で購入したUSB-シリアル変換ケーブルはKernelの再構築が必要みたいですね。FoxTrakを接続して設定のみに特化したbootableCDというところが気に入りました。円高の今FoxTrakを輸入しなくては?! -- [[JF7NNI 池上 (^^; ]] &new([nodate]){date}: Invalid date string;
  • 円高円高! 今がちゃーーーんす! 各種ファームウェアが各局から作られているようで、同じハードで動作するようです。発射ボタンもつかえました! これはいいぞ! -- JM7MUU 本田 &new([nodate]){date}: Invalid date string;
  • そのカーネル再構築というのは、結構大変なんでしょう?池上さんなら楽チンかな^^ -- JM7MUU 本田 &new([nodate]){date}: Invalid date string;
  • カーネルの再構築そのものは、さほど難しくなくやったことはありますが、BootCDという特殊条件なのでシリアルポートがついているPCを準備した方が簡単だと思います。HDDにインストールしないのでその時だけCD bootすればいいので問題ないのでは?しばらくぶりにUbuntu & Fedoraをインストールして遊んでみました。 -- JF7NNI 池上 &new([nodate]){date}: Invalid date string;
  • テスト機に設定して走り回っていますが、FoxTrakのオリジナルに比較して、格段に性能全体が向上しているのを感じます。でも上位機種には届かない・・?でも大満足です、FoxTrackを導入したローカルに布教したいと思います。有難う御座いました。 (^Q^ -- JR2MZG 西本 2008-12-27 (土) 12:46:43
  • 良いものはどんどん紹介されて、仲間をどんどん増やしましょう♪ -- JM7MUU 本田 2008-12-27 (土) 22:18:13
  • APRS Tracker/Windows設定パッケージ を準備してみました。是非チャレンジしてみて! -- JM7MUU 本田 2008-12-28 (日) 23:18:08
  • TinyTrak3でも動くよ [heart] -- JH4XSY 2008-12-30 (火) 17:48:59
  • 動作の中で、LEDが消灯と点灯の間に「細かく点滅」と言うのが有って、調整には便利ですね、設計者の善意を感じました!ただGPSのLEDが点滅するのはちょっと違和感が有りますが。 (^-^ -- JR2MZG  西本 2008-12-31 (水) 08:42:14
  • おー。TT3Pでもうごくんですかー情報ありがとうございます! GPSロック中は点灯していてほしいなぁ・・・ ね^^ -- JM7MUU 2008-12-31 (水) 22:02:12
  • ほんとうだぁ。うごいたー。バッチ具! これで様子をみてみます。 -- JM7MUU 本田 2009-01-01 (木) 16:32:37
  • 動作は快調でしたが、ご当地ではdigi pathが「WIDE1-1」が推奨される様になり、aprs trackerでは対応出来ず、全てFoxtrakに戻して仕舞いました。善処策は有りませんでしょうか? -- JR2MZG 西本 2009-03-19 (木) 08:15:25
  • Proportional Pathing =1 に設定出来ないかどうか、試していただけないでしょうか。私もやったことがありませんので確証がとれませんが、最大ホップ数を1に設定するという意味になります。恐らく WIDE1-1になってくれるんじゃないかな・・・? どうでしょうか。 -- JM7MUU 本田 2009-03-19 (木) 14:24:23
  • ちなみに、上記設定を行うと、ビーコンを送信する都度、DigiPathが変わりますが、新しい技術なのでうまく設定できたら、とりあえずそのままつかってみて。 -- JM7MUU 本田 2009-03-19 (木) 15:38:55
  • Proportional Pathing =1に設定し、Digipathの[P]をEURO式?に変更してテストした所、WIDE1-1の様なpathを実現出来ているようです。引き続いて様子を見てみます!助かりました。 (^-^ -- JR2MZG 西本 2009-03-22 (日) 17:14:19
  • お。了解しました! どんなDigiPathになるかなぁ。I-Gateに直接拾ってもらえる所にも移動してもらえたら、うれしいです。ネット側に上がってきているデータを見てみたいです。 福島県内もWIDE1-1 のみで大丈夫そうなので、1ホップ化活動をしたいと思います。 -- JM7MUU 本田 2009-03-22 (日) 18:42:51
  • もしうまくいったら、メール等で設定画面をいただけますと助かります。Webに掲載しておきたいと思います. -- JM7MUU 本田 2009-03-23 (月) 07:08:10
  • はい!現在もテスト推進中です。ご要望了解しましたが、アナログ人なので重いです!今日はProportional Pathing =1でN-パラダイムに戻したら旨くなったようです。 (^Q^ -- JR2MZG 西本 2009-03-24 (火) 12:54:46
  • JR2MZG-9を見てみました。ビーコンが送信されるたびに、デジピータが反応しているかどうか、確認できますでしょうか。パケット音をモニターしていれば解ると思います。Proportional Pathing は最大デジピート数なので、デジピート数が0の場合と1の場合が交互に送信される形になるので、恐らく2回に1回はデジピータが応答していないのではないかぁと、気になっています。まぁそれでも良いのかもしれませんけどね^^; -- JM7MUU 本田 2009-03-24 (火) 14:19:11
  • ご心配の件、走りながらLED点灯確認と音を聞いて居ましたが、確かに全部はデジピートして居ないようです。それからI-Gateに直接届くPathを確認しましたがWIDE1-1に確かに成っていましたので、これで良いと思います!設定画面を送る腕が無いのでご容赦下さい。 (..; -- JR2MZG 西本 2009-03-25 (水) 16:46:35
  • 了解です。有難う御座います。 (^^) -- JM7MUU 本田 2009-03-25 (水) 17:20:24
  • APRS Trackerと秋月のGPS-52の組み合わせで使用されている方はいらっしゃいませんか? この組み合わせで使ってみると高度がGT-720Fで出る高度のやく2倍になります。設定の中の[C]GPS Config String の設定も変更してみましたがうまく行きません。高度がうまく出ている方がいらっしゃいましたら教えてください。 -- JA5ILM 大澤 2009-11-19 (木) 19:50:25
  • 少し長めに放置した状態で高度がGT-720Fに近いところまできました。測位の精度の問題のようですのでこのままで様子をみてみます。なお、[C]GPS Config Stringは未設定のままです。 -- JA5ILM 大澤 2009-11-19 (木) 21:11:43
  • 自己解決されたようですね!よかったよかった! 私もその設定は変更したことが無いです。高度データ自体はGPSモジュール自体が算出しており、APRS Tracker自体はそのデータをパケットに埋め込むだけです。ですから、GPSモジュール単体が要因になる可能性が高いという事になりますね。室内や窓際などでGPSを捕獲していると捕獲衛星数がすくなくなってしまうので、高度データの精度が落ちてくるものと思われます。屋外であれば問題ないはずです、 -- JM7MUU 本田 2009-11-20 (金) 03:09:47
  • そのようです。極端に低い高度になったり高い高度になるので衛星数による精度のようです。それでも位置は、それほどズレなので高度についてはあまり気にしないようにします。 -- JA5ILM 大澤 2009-11-20 (金) 20:54:22
  • そうですね。ある程度は仕方ないと思います。GPSの測位を考えた場合、高度データというのは衛星の数がとても響いてくると思われます。まぁ参考程度に考えておけば良いのではないのでしょうか。屋外で走行している分には極端に変動するようにはみえないので。 -- JM7MUU 本田 2009-11-22 (日) 05:27:09
  • お久しぶりです。昨年末よりTrackerを自作しいろいろ試していました。それを元に基板化しローカル局に広めています。基板とケース以外の部品は全て秋月電子で入手でき低コストで製作可能です。GPSユニット(GT-720F)とTracker を1つのケースに一体化するタイプとTT3のようにD-SUBコネクタのタイプのどちらでも作れます。もちろんTrackerのFwはAPRS Tracker< -- JA5ILM 大澤 &new([nodate]){date}: Invalid date string;
  • お久しぶりです。おぉーなんと! さらにローコスト化されましたか! もしURLなどがありましたらお知らせ下さい。 -- JM7MUU 本田 2010-01-21 (木) 04:51:46
  • 私のホームページの掲示板に載せています。http://347.teacup.com/ja5ilm/bbs写真もありますのでご覧下さい。価格等の詳細についてはご要望があればお知らせします。 -- JA5ILM 大澤 2010-01-22 (金) 02:01:10
  • お!BBS確認いたしました。興味ありますー! でも手間が結構かかりそうですねー。(そんなことは無いでしょうか?) -- JM7MUU 本田 2010-01-22 (金) 04:15:58
  • 手間といっても基板のハンダ付け(30分ほど)しまえば後はケースの加工です。GPS内蔵(GT-720Fのボーレート変更とアルミ板加工は必要です)、D-SUBタイプのどちらもプラケースなので加工は簡単です。GPSユニット以外の部品代は、基板とケースを含めて\1,500ほどです。GT-720F内蔵にしても\5K.ほどで完成です。 -- JA5ILM 大澤 2010-01-22 (金) 21:12:57
  • 本田さんはじめまして ちょくちょく拝見させて頂いております。また、高速道、4号を使うときには郡山周辺各局にはビーコンを拾って頂きありがとうございます。最近SSIDの改定がありましたがそれに伴い変更してみました。書き込みソフト上のパラメータ表示には書き込み後-12となるべきところ-1のみの表示となります。現在では動作環境が変わったため実際に電波を飛ばしてのSSIDを確認はしていませんがバグでしょうかね?変更を試みた方どうでしょう。 ちなみにFoxTrakにFWバージョン0.11PIC16F648を使用しています。本家には0.11以後のFWは公開されていないようです。  -- JG1APX 飯泉 2010-11-14 (日) 19:01:39
  • JG1APX 飯泉さんこんにちは。TinyTrak3Plusのほうは先日-12に変更しました。APRS Trackerは-12に出来なかったというわけですね。時間が空いた時に見てみます。私もまだやったことがないですねぇ。 -- JM7MUU 本田 2010-11-15 (月) 05:17:33
  • http://sharon.esrac.ele.tue.nl/~pe1icq/projects/aprstracker/aprstracker-0.11-doc-en.pdf
  • APRS_Tracker_SSID_00.PNG
    ここに書かれている通りです。-12の場合には 『<』を入力すると良いみたい。やってみていただけないでしょうか。JM7MUU 本田
  • DOC読まずに尋ねてしまい申し訳ないです。上記、記号を書き込みしたところパラメータ表示には記号そのものが表示されます。Jxxxxx-< という具合です。実際はAprstrackerでJxxxxx-12に変換して送信機にデータを送るのかもしれませんね。あいにく直ぐに動作確認できる環境ではないので後日ダミーロードを通してパケットをモニターしてみます。助言ありがとうございました。 -- JG1APX 飯泉 2010-11-15 (月) 14:54:45
  • 他にも同じような経験を今後される方もいらっしゃると思います。是非お願いいたします。ソースコードを見た限りではまだ良くわからないです。しかしドキュメントにそのように書かれていることからどこかに仕掛けがあるんでしょうね。 -- JM7MUU 本田 2010-11-15 (月) 15:48:13
  • 仕掛けがわかりました。ソースコード上の対応してそうです。
    まずは文字コードの話です。コールサインやSSIDはEEPROMに格納されます。10以上SSIDは一文字では表現できないので、文字コード変換を行ないます。下の文字コード表を見るとなぜ変な記号を使うのかが解りますね。
    APRS_Tracker_SSID_Char_00.PNG
    実際のソースコードは以下の通り。
    APRS_Tracker_SSID_Source_00.PNG
  • ちょっと家を留守にしておりました。先程 -- JG1APX 飯泉 2010-11-18 (木) 12:41:09
  • 実機の強制送信機能を使ってパケットを確認しましたところ『-12』になっているのがわかりました。尚、車での走行試験と他のSSIDの確認はしていません。ご報告まで。 -- JG1APX 飯泉 2010-11-18 (木) 12:52:21
  • ご報告TNX!です! -- JM7MUU 本田 2010-11-18 (木) 20:25:42

Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 00:32:44 HAST (1050d)