Top > オシロスコープ修理記

Ham

目次

概要

愛用しているオシロスコープ(Panasonic COS5100 100MHz)の調子が 悪くなってしまった。この記事は、その修理についてのドキュメントを まとめた。

現象

まずは、現象を挙げる。

  1. 電源投入後、30分ぐらいまでは正常に動作する。
  2. 30分以降になると、安定した掃引ができなくなることがあり、 カップリングをGNDにしても、波形がなみなみになってしまう。
  3. おかしくなっているとき、右側面を触ると、結構熱い。
  4. おかしくなっているとき、ケースをたたくと波形が乱れたり、 掃引しなくなってしまう。また叩くと、掃引が始まったり。 輝度がかわったりする。
ac07e1e4.jpg

調査

調査その1

まずは、ケースを開けた。 熱くなっている所が、どうも気になる。

137f3d6c.jpg

熱くなっている所を追っていったら、レギュレータを見つけた。 複数のレギュレータの熱が一枚の薄い銅版を伝って、フレームに 逃がす作戦のようだ。が。。。この銅版がちんちん状態で、 熱くて触れない状態。 (写真のねじ部分 参照。L字の銅版が見える。)

もしかしたら、放熱が甘いのかな・・・ フレームを触ってみたけれど、近くは暑いけれど、 ちょっと離れるとすぐに冷たくなる。 んー 放熱されてないのかな・・・

調査その2

調査その1で熱くなった銅版。 現象が出ているときに、ドライバーで軽く叩いてみた。 あれ。反応あり! ケースを叩いたときと同様の現象が得られた。 やはり原因はこの近くにあるに違いない。

調査その3

基盤半田面を確認した。 ぎゃあああああああああああああああああああああああああああ 半田クラックがいっぱい・・・ (。_゜)〃ドテ!
これが原因か!

ハンダクラックってなーに?

電子部品を基盤に取り付けるときに、ハンダをつかう。 このハンダがくせもの。 長年に渡ると、昔はついていた半田がだんだん割れてきてしまったり、 浮いてきてしまうものがある。 中には製造工程のハンダ付けの時に、半田の中に気泡が入ってしまう 事もある。

修理しましょ^^

修理その1

ハンダクラックしてそうな箇所を、ハンダこてで再度暖めなおした。 必要があれば、追加でハンダをのせて、ひどい所はハンダ吸い取り機で 一度古いハンダを吸い取ってから、新しい半田を盛った。 (今回は、10箇所ぐらいのハンダクラックが目に入った。 特に熱を持つレギュレータ部分のクラックが多い!!!)

修理その2

可能な限り、ねじを締め付けなおした。ちょっと緩みかかっているものもあった。 こういう緩みが、オシロスコープにはノイズとして見えるようになる。

修理その3

スイッチ系統に接点復活剤を吹き、接点不良を改善させた。 スイッチの個数が多いのと、狭いところでの作業となるので、 結構大変。。。 ブラウン管が近くにあるので、取扱注意!! 高電圧のはず!

修理その後・・・

例の現象は再現しなくなった! 背面を触ると、それほど熱くなっていない。 やはり原因は、ハンダ付け不良にあったようだ。 このハンダ付けが不良のため、レギュレータの動作が安定せず、 過剰な負荷がかかってしまったと思われる。

編集後記

db33c9b2.jpg

本当は、諦めていました。オシロスコープなんぞや、回路図があるわけでも ないし、あまりよく分かっていない。 代替のオシロスコープをオークションで落札してしまった。 諦めていたのだ。(。_゜)〃ドテ!
しかしよく見ると、故障内容はいたって単純で初歩的なものが多々あった。 やはり諦めるなら回路をみて、やるだけのことはやってから諦めるべきだと つくづつ痛感してしまった。 こういう電子回路との戦いが、自分の人生にも映し出されるようで・・・

最後に、オークションで落札してしまったオシロスコープの処分に 追われて、このオシロスコープ修理記の幕が閉じそうであります。 はやとちり・・・ あはははははw

  • 最近の接点復活剤は油っぽくないですか? 昔は接点復活剤を使うと逆にホコリがくっ付くので会社では禁止令が出ていました。あと、「基板」を辞書登録しましょう。(笑) -- JH6NEC_西村 2007-10-11 (木) 08:12:00
  • (^▽^) ハッハッハ 基盤 ぎょ! あはははは! 気をつけねば^^;; そうですねー ほこりがつきやすいですねー。気をつけてつかわないとねー。 いつか火を噴くかもしれませんねー ぎょ。 -- JM7MUU 本田 2007-10-11 (木) 08:16:32

Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 27 Dec 2016 01:33:56 HADT (998d)